会社概要 お問い合わせ サイトマップ 井川不動産株式会社 プライバシーポリシー

コンサルティング 駐車場情報 不動産コラム にしよど情報

 ほとんどの人にとって、家は一生に一度の大きな買い物。
 マンション販売会社を経て、不動産コンサルティングの資格を持つ筆者が、「失敗しない家の買い方」や「不動産なんでもQ&A」をわかりやすく解説します。

最新号は「Vol.1 家が欲しいと思ったら」 NEWハッピーライフ創造ガイド」出版!

 
不動産コンサルティング 井川 聡江
PROFILE

井川 聡江(いかわ さとえ IKAWA-Satoe)
s-ikawa@ikawa-re.co.jp
資格
宅地建物取引主任者 大阪)第040231号
不動産コンサルティング (3)第15639号
日本ファイナンシャルプランナー協会認定AFP
登録番号No.941999
二級ファイナンシャルプランニング技能士
日本ファイナンシャルプランナーズ協会
兵庫支部
 幹事

 

 
Vol.1  家が欲しいと思ったら。

私自身が日頃、仕事をしていて思う事

女性が一人で不動産を購入したいときには

投資として不動産を購入する場合

不動産を売却される方に

終わりに

私自身が日頃、仕事をしていて思う事

現状では、一般的な憧れとして土地付きの一戸建てはまだまだ人気があります。 近い将来この感覚が一般消費者からなくなるとき、不動産業事態も大きく変わるときと、思われます。この変化が、どのような変わり方をするのかが、興味深い所で、見極めていきたいものです。

特に若い世代の人達は 、賃貸マンションを探している場合、安い中古マンションを購入する傾向があります。
 返済額が家賃を下回る場合が多く、年収さえしっかりしていれば、100%ローンも可能で、保証金並の諸費用で、購入が可能な為、こういったケースが増えています。
 金融機関からの借入れをするとき、不動産を担保として出せば、以前は容易にその目的を達成することが出来ました。まさにこの担保力こそが不動産の価値としての魅力だったのですが、最近の担保評価は一段と下落しつづけその結果、返済の能力の有無が重要になってきています。
 家賃を払うか、住宅ローンを返済するかと、言う事です。その為、中古マンションを財産として購入するのではなく、賃貸マンションと比較して、広さや、設備の善し悪し、1月の支払額と家賃額等で検討し、購入すると、いった選択をされています。一般に言われています、所有から利用へ、不動産としての財産ではなく、不動産を利用するという事ではないでしょうか。

その感覚で郊外の中古戸建て住宅の購入を検討されては如何でしょうか?子供さんが小さい時程、庭付き一戸建てが必要では無いかと、思います。
 マンションにされる場合でも、エレベーターを利用しなくてもよい、1〜3階を選ばれる方が無難ではないでしょうか?
 現在子供のエレベーターでの事故は、あまり聞きませんが、小さな子供だけでエレベーターを利用する事を考えると、あまり安全な乗り物とは、思えません常に親が付き添える場合はいいのですが、そう言った心配のない住まいを選ぶ方がいいのではと、思います。
 又、自分が高層階に住んでいて思うのですが、私の場合一人ですので、快適に過ごしておりますが、ガーデニングはほとんど出来ません。日当たりは、良いのですが、風が強く、植物は育たない様です。室内用の観葉植物ベンジャミンなどは、室内で育てると、日当たりが良いので良く育ちますが、バルコニーなどで育てるものは、ほとんど枯らしてしまいました。
 マンションの上層階に住まれる場合は、子供さんが中学生以上の方が望ましいと思います。子供さんが小さい間はどうしても、飛び跳ねたりし、下の階に方に迷惑をかけます。それをいちいち叱るのも疲れますし、下の階の人に常に気兼ねして暮らすのも疲れます。
 鉄筋コンクリートのマンションでも、通常に歩行する音は下の階に響きませんが、飛び跳ねたり、椅子から飛び降りたりする音は防ぎようがないです。マンションは大人が便利さを求めて住む物ではないでしょうか?

 
1   2  3  4  5
次のページへ